英検・TOEICの基礎、勉強法、受験することによるメリットなどを解説

英検・TOEIC対策なび

英検・TOEICの勉強法


TOEICの勉強ならZ会!
教材見本とパンフが無料!
Z会のTOEICテスト対策
今なら無料で進呈!

今すぐ無料資料請求

英検の各級の内容

英検には階級があります。
英検の階級は全部で7種類あります。
当然、階級が上がるほど難易度が上がり、
修得するには難しくなります。

特に上位級は大学生でも
修得が難しいと言われています。

まず、自分の英語力に合った受験級から
修得した方が良いと思います。

これから、各級の内容と
およそのレベルを書いて行きます。

まず、5級は
中学1年レベルで初歩的な英語を理解することができ、
簡単な英語を聞いたり話したりすることが
できる事となっています。

続いて4級は
中学2年レベルで基礎的な英語を理解していて、
基本的な英語を聞いたり話したりすることが
できることとなっています。

また、4,5級は筆記試験のみとなっています。

次の3級(中学3年レベル程度)から
筆記試験に合格して面接試験にも合格しなければなりません。
また、3級の英語力は基本的な英語を理解しており、
特に口頭で自分が言いたいことを
英語で表現することを重視します。

準2級、2級は
高校生ほどのレベルとなっています。
日常会話レベルの英語力があり、
口頭で英語で表現できる事となっています。

そして、最後の準1級は
大学生レベルで日常会話だけでなく
社会生活で必要な英語力と
自分の意思を英語で表現できる事となっています。

これらレベルというのはあくまで目安です。
まず最初は英検の試験の仕組みのなれるために
自分のレベルより低い階級から受験した方が良いと思います。

UP▲

~英検・TOEIC対策なびへ

Copy right(C)
英検・TOEIC対策なび
All Rights Reserved.